TJPバナーイメージ

劇場での昼食

毎週火曜日ランチタイム

毎週火曜日のランチタイム、 プチ・シェーヌのホワイエは昼食休憩のために開放されている。.ピクニックを持参して、チームと和やかなひとときを共有することもできる。 とTJPのアーティストたち。

2023年10月3日から2024年4月23日まで (クリスマス休暇を除く)

毎週火曜日 昼12時~午後1時30分 | 小舞台
→ 入場無料 (空室状況により)

ランチタイム・プログラム

このプログラムは "midis au théâtre "プログラムの一環として提供されます。芸術的な提案であったり、協会や刺激的なプロジェクトとの出会いであったり、誰もが参加できる実践的なワークショップであったりします。誰もが、隣人たちの活動を発見したり、アーティストの提案に驚いたりすることができます。
 


全2回のうち1回火曜日12:00~13:30 | 小舞台
3 10月 | 17 10月 | 31 10月 | 14 11月 | 28 11月 | 12月12日 | 1月9日 | 1月23日 | 6 2月 | 2月20日 | 5 3月 | 3月19日 | 2 4月 | 4月16日 | 4月23日

プログラムはシーズン中、ウェブサイトやソーシャルネットワークで更新されます。

→ 入場無料 (空室状況により)

APRIL PROG :

4月2日(火

準備はできているか?
作品をエコデザインする?
ラ・ルヌーベル

ラ・ルヌーベルは芸術と文化のリサイクルセンターであり、その使命は、素材を再利用することによって、文化と創造の世界のエコロジカル・フットプリントを削減することである。
真にエコなデザインのショーを想像できるだろうか?
舞台芸術における再利用の条件について一緒に考えてみませんか?

4月16日(火

カフェ・フィロ
のフィロ・ワークショップ・リーダー、ローラ・ディーボルドが指導する。 クラブヨガ

現代の子供たちの秘密は何を物語っているのか?彼らは世界を変えるために何をしているのか?彼らは私たちに何を教えてくれるのか?

子どもたちの言葉に耳を傾け、子どもたちが私たちの世界をどのように見ているのか、みんなで話し合おう。

4月23日(火

ダンスと人形劇の対話
伊藤かおり&カミーユ・トルヴェとともに

偽の手、一連の脚や腕、仮面や人形の頭が動きを修正する。断片化され、拡張され、未実現の身体の中で、私たちはどのように生命を再発見できるのだろうか?人間と非人間との対話を開く。空間の操作によって、また私たちの周りの空虚な空間によって、生かされ、無生物化する身体。まるで自分とは関係なく、空間が私たちを操っているかのように。

マーチ・プログラム

3月5日(火

クロストーク

映像との関係がどうであれ、私たちは今日、映像と向き合っている。 

また、もし画像を使えるとしたら、何を伝えたいか?どのような媒体で、どのようにメッセージを伝えたいですか? 

私たちは、この個人的な考察をもとに、コレクティフ・アン・イメージズ(学校での映画討論会の企画を担当するユニ・シテ協会)およびル・レシット(地域の映像教育センター)の12人の若者たちと対話を行います。 

短編映画を観た後に感想を言い合う、世代を超えた映画クラブを体験してみませんか? 

3月19日(火

テレーミン
クレマンス・ブシェと

長方形の箱の両側にアンテナが付いている。垂直のアンテナは音の高さを調節するため、水平のアンテナは音量を調節するため。箱の中にはコイル、発振器、抵抗器が入っている。これはラジオの原理から生まれた魅力的な楽器だ。アンテナから一定の距離で腕を動かすことで、楽器奏者は音やメロディーを生み出し、目に見えないもので作曲する。 目に見えないもの、それはラジオと同じように見ることはできないが聞くことはできる!

Basses fréquences社のクレマンス・ビュシェが、この不屈の楽器で演奏し、その歴史と逆説を発見するようあなたを誘う。テルミンは、無形のものへの扉、そして印象的な詩への扉を開く一方で、奏者の身体を拘束する運動検出器でもあるからだ。

2月の予定

2月6日(火

TJPのミディ・ルディック

初心者でもベテランでも、和やかなひとときを共有し、TJPチームが厳選したゲームの中から、あなたの心を刺激し、一緒にプレーする喜びを発見してください。

ゲームテーブルを囲んで、新しい人と出会ったり、戦略的に協力したり、友好的に競い合ったり。 
で、参加する?

2月20日(火

笑いながら...食べながら...顔を作る
パウロ・ドゥアルテ、シエ・メカニカとともに

劇場でのランチタイム、思いがけない道具を使って彫刻の準備をしてみよう!描かれた体があなたのキャンバスとなり、それを個性あふれる頭に仕上げるのはあなた次第です。珍しいものを使って自分を表現し、創造性を楽しみながらモデリングという芸術を再発明してください。さあ、芸術家になろう! 

JANUARY PROG :

1月9日(火

なごり

「なごり は、季節が終わるときに感じる郷愁を定義した日本のコンセプトである。子供の季節が終わったら、プルーストのマドレーヌを味覚の記憶から蘇らせ、その感覚を企業化し、目に見えるものにする」。
ノエミーとルイ

ノエミー、責任者 オンディーヌストラスブールの自然料理にこだわるガストロノミック・レストラン、ルイと、『LOVE』『LOVE』『LOVE』『LOVE』『LOVE』『LOVE』『LOVE』『LOVE』『LOVE』『LOVE』。 拝啓 伊藤かおりは、子供の頃の味覚の記憶とその感情的な愛着を掘り下げることで、パフォーマティブな相互作用の時空を作り出そうとしている。

1月23日(火

日陰でランチ
カミーユ・トルヴェとともに、
ルーアンCDNディレクター

私はいつも暗闇の中で昼食をとることを夢見てきた。何を飲んでいるのかわからず、手探りで塩とコショウを探す。何を飲んでいるのかわからず、塩と胡椒を手探りで探す......今日、完全に暗闇に落とされたランチに小さなランプが灯った。そして私たちはその影を発見するために出発した。何だろう?突起物?穴?光の不在?そして影の線。それはどこに行くのか?あなたの体の端?影は面なのか体積なのか?フォーク、グラス、カラフェ、透明な、あるいは色のついた液体、私の隣人......あらゆる物体、あらゆる身体が、自由で、飼いならされない影を見せる......私はどうだろう?なぜ私は影を探しに行ったのだろう?幸いなことに、1月23日、あなたは松明を持ってそこにいる。

12月の予定

12月12日(火

上映+対談
アナイス・バセイユハック監督
短編映画 ハーフタイム

マルセイユの中心に位置するLorenzo Styl'は、有名な美容室である。主に男性客が、打ち明け話や冗談を交わしながら、お気に入りの美容師の熟練の技に身を委ねています。

ノベンバー・プログ

11月14日(火

7番街


ショーに合わせて ワレ・モノQuai n°7カンパニーのRuby MinardとLudmila Ganderが、近々上演予定の作品に基づき、サウンドと演劇の小規模な実験を行います。 展覧会.
オブジェ、音楽、詩を組み合わせたパフォーマンスを通して、好奇心旺盛な人たちを傷の修復と再創造に誘う。私たちの欠点が喜びと想像力の源となるように。

11月28日(火

とのミーティング
トト・アール協会


住宅、食糧、教育を受ける権利についてご存知ですか? 
文化的権利もあることをご存知ですか?文化的権利とは、文化施設や芸術作品を利用する権利だけではありません!例えば、自分の文化的アイデンティティを尊重される権利や、文化的な生活に参加する権利などです。
TJPはTôt ou t'Artという連帯に基づく文化ネットワークのメンバーであり、22年にわたり、社会的、医療的、職業的統合の仕組みの中で支援されている人々と、数多くの文化施設をつないできた。文化的生活への参加は、個人の成長とインクルージョンの重要な要素です。文化資源や文化施設へのアクセス、エンパワーメント、自尊心を高めることを目的としており、3ユーロのショーのセレクションを含む、ネットワーク内の様々な取り組みを通じて、文化資源や文化施設へのアクセス、エンパワーメント、自尊心を高めることを目的としています。

OCTOBER PROG :

私は踊る、なぜなら私は言葉を意味する

10月3日(火

伊藤かおりと両親

私たちは日本の家族です。アーティストの家族です。私たちはよく、家の中で、道で、劇場で、即興で踊ります。ジョークを言うのも好きです。私たちは離れていますが、WhatsAppグループを持っています。あるシャーマンが、私たちは死んでも一緒にいられると言っていました。
伊藤かおり

10月17日(火

ソフィー・ベルガー サウンドシエステ

 

ソフィー・ベルジェは、ラジオ、ライブ・パフォーマンス、展覧会、インスタレーションなどのサウンド・デザイナー兼エンジニア。マイクを携え、ロワール川に沿って徒歩でフランスを横断。3ヶ月間、貨物船で世界の海を旅し、中国と南方の土地に向かい、世界に耳を傾けるよう誘う没入型のサウンド作品を持ち帰った。

好奇心旺盛な方は、ヘッドフォンを使ってイースター島(現在はポリネシア人が定住したラパ・ヌイ島が正式名称)へ音の旅に出かけよう。イースター島は、タヒチとチリ沿岸の間に数千キロも離れた、世界で最も孤立した有人島のひとつである。 磁力とミステリアス、神聖さと親密さの狭間で、私は次のように考えている。 脈動。

10月31日(火

伊藤かおり 秘密の家
KAMISHIBAI

4歳以上対象
所要時間15分+ディスカッション
文・イラスト:伊藤かおり
声 ドゥニ・ポダリデス

昔々、ソラと呼ばれる小さな男の子がいた。
彼の小さな家の周りでは、森が泣き、太陽が泣き、空も泣いた。大地は足元で踏みつけられたことを訴え、息苦しさを覚えた。ある日、ソラは逆立ちした世界で目を覚ました。大地は空の代わりに逃げ出した。
彼はある老婆に出会い、魔法の砂時計に秘密を託すよう頼まれる。ひとたび砂時計が満たされれば、世界をひっくり返す力を持ち、夜には夢の世界を守ることができる。